© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

ホタルの乱舞が始まった 清水橋では早くも数百匹

壱岐市の5月の名物となっているゲンジボタルの乱舞が、市内各地で始まっている。
郷ノ浦町平人触の清水橋周辺では午後7時半を過ぎると、早くもピークを思わせる数百匹のホタルが川沿いを飛び交い、黄緑の光が川面にきらめく幻想的な光景を作り出している。
壱岐高校理科室も、恒例のホタルマップ作成を13日からスタートさせた。12日の第1回調査では、勝本町立石仲触の前田橋付近でBランク(20~49匹)になるなど、市内12か所ですでにホタルが観察されている。ホタルマップは毎週水曜日に発行し、壱岐高受付で希望者に配布している。
ホタルは大変に繊細な生物で、鑑賞にはマナー遵守が求められている。強い光を嫌う(失明の恐れがある)ため、自動車は鑑賞場所から離れたところに駐車し、ヘッドライトは消灯。エンジンも切る。懐中電灯やカメラのフラッシュは厳禁。フラッシュを使用したスマホ、コンパクトデジカメなどでの写真撮影は不可能。
大きな声はホタルを驚かせ、近隣住民に迷惑になる。川の汚染は生息環境を破壊するのでゴミは必ず持ち帰る。草むらに入らない。ホタルを捕まえない、などのマナーを守り、反射材を身に付けて車に注意して鑑賞してもらいたい。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る