© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

陸前高田へ希望の灯 手作りキャンドル贈呈

キャンドル(子どもたちとキャンドル作りをする合口さん(左))

壱岐から、被災した岩手県陸前高田市へ希望の灯りを贈ろうというプロジェクト「高田に輝(ひかり)を」が17日、芦辺町芦辺浦の大東商店で行われた。
3月11日で東日本大震災から3年が経過するが、東北の復興はまだまだ進んでいない。正月休みに故郷・陸前高田市に帰省した地域おこし協力隊員の合口香菜さんは「がれきをだいぶ片付いてきたものの、津波に襲われた市街地は街灯もなく真っ暗で、寂しい気持ちになりました。そんな中、小・中学校時代のバレーボール部の後輩たちが慰霊、未来への希望、支援への感謝の思いを込めて“高田に輝を”を計画していることを知りました」。フェイスブックを通じて壱岐の人たちにも協力を呼びかけたところ、商工会青年部の協力もあって芦辺小の児童ら50人が集まり、陸前高田へ贈るキャンドル作りが行われた。
ろうそくを溶かして、様々な色に着色し、「東北、行け~」「壱岐から応援しています」「がんばれ、陸前高田市」など1個1個に手書きのメッセージを添えた。完成した50個のキャンドルは陸前高田市高田の駅前商店街の一角で、3月9~11日に点灯される。
合口さんは「こんなに多くの人に参加していただきうれしいです。高田の人たちも喜んでくれると思います。これまでほとんど縁がなかった壱岐と陸前高田のつながるきっかけとなり、今後は人と人の縁が深まるかもしれません」と壱岐と被災地との間で結ばれた絆に感激していた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る