© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

陸前高田へ希望の灯 手作りキャンドル贈呈

キャンドル(子どもたちとキャンドル作りをする合口さん(左))

壱岐から、被災した岩手県陸前高田市へ希望の灯りを贈ろうというプロジェクト「高田に輝(ひかり)を」が17日、芦辺町芦辺浦の大東商店で行われた。
3月11日で東日本大震災から3年が経過するが、東北の復興はまだまだ進んでいない。正月休みに故郷・陸前高田市に帰省した地域おこし協力隊員の合口香菜さんは「がれきをだいぶ片付いてきたものの、津波に襲われた市街地は街灯もなく真っ暗で、寂しい気持ちになりました。そんな中、小・中学校時代のバレーボール部の後輩たちが慰霊、未来への希望、支援への感謝の思いを込めて“高田に輝を”を計画していることを知りました」。フェイスブックを通じて壱岐の人たちにも協力を呼びかけたところ、商工会青年部の協力もあって芦辺小の児童ら50人が集まり、陸前高田へ贈るキャンドル作りが行われた。
ろうそくを溶かして、様々な色に着色し、「東北、行け~」「壱岐から応援しています」「がんばれ、陸前高田市」など1個1個に手書きのメッセージを添えた。完成した50個のキャンドルは陸前高田市高田の駅前商店街の一角で、3月9~11日に点灯される。
合口さんは「こんなに多くの人に参加していただきうれしいです。高田の人たちも喜んでくれると思います。これまでほとんど縁がなかった壱岐と陸前高田のつながるきっかけとなり、今後は人と人の縁が深まるかもしれません」と壱岐と被災地との間で結ばれた絆に感激していた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/23

6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。

壱岐商業高校の品川未歩さん(情報処理科3年)が、同校で5年ぶりとなる「資格試験6種目1級合格」を達成した。品川さんが合格したのは「珠算・電卓…

20182/23

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町…

20182/23

議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ8人だけ。

本年度の議会報告会が13日壱岐の島ホール、14日勝本・かざはやで開かれた。今回からより深い討論をするために常任委員会の主催となり、13日は総…

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

ページ上部へ戻る