© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

天皇賞・春はキズナを信頼

天皇賞・春はキズナ、ゴールドシップの2強の取捨がポイントとなる。

1.ゴールドシップ   長距離戦での実力は抜けている。早めに自分から動く展開なら圧勝も
2.カレンミロティック 全盛期に比べるともうひと押しが足りなくなってきた
3.ネオブラックダイヤ 明らかに実力不足
4.ラストインパクト  瞬発力勝負に持ち込めば首位争いに加わることができる
5.タマモベストプレイ 自在性に魅力はあるが、能力面でここに入ると苦しい
6.ホッコーブレーヴ  昨年3着トコース適正はあるが、乗り替わりはマイナス
7.トーセンアルニカ  不良馬場にでもならない限り苦しい
8.スズカデヴィアス  単騎逃げに持ち込めそうで、展開次第では粘り込みに注意
9.クリールカイザー  前走以外は大きく崩れていないが、決め手に欠く印象
10.ラブリーデイ    長距離向きには思えないが、ルメール・マジックが怖い
11.フーラブライド   牡馬一線級を相手にするには実績不足
12.デニムアンドルビー 成績にムラがあるが、はまった時の脚は牡馬以上
13.キズナ       天皇賞男・武豊の「勝たなくてはいけない馬」という言葉は重い
14.フェイムゲーム   長距離戦には自信を持っている。人気薄だけに馬券的妙味がある
15.サウンズオブアース 菊花賞のレースぶりを見るとかなり能力が高い。キズナの強敵になる
16.ウインバリアシオン 実績は認めるが、全盛期の迫力が見られない
17.アドマイヤデウス  調子は絶好。鞍上も魅力で、この相手でも善戦できる

キズナの大阪杯2着は、確かに物足りない内容だった。楽々突き抜けても良い位置にいながら、ゴール前は脚色が鈍ってしまった。もしかしたら骨折後、まだ脚元を気にしている可能性もあるが、不良馬場が原因だとも考えられる。ここでも伸びを欠くようなら見限るが、もう1度追いかけてみたい気にさせる魅力が、同馬には詰まっている。今度こそ、王者らしい走りを期待したい。
ゴールドシップは阪神3千㍍ともっとも条件が向いていた阪神大賞典を制したが、以前のような驚くほどの強さではなかった。能力的な衰えが若干見られる気がする。京都コースは苦手な瞬発力勝負になるだけに、配当面を考えて、今回は思い切って切り捨てる。
本命はキズナで、相手は京都外回りが得意なディープインパクト産駒のデニムアンドルビー、ラストインパクトを本線に馬単、馬蓮。
長距離戦は騎手の腕が大きく影響するのでアドマイヤデウス、サウンズオブアース、ラブリーデイ、フェイムゲームをキズナからの馬単で抑える。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る