© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

天皇賞・春はキズナを信頼

天皇賞・春はキズナ、ゴールドシップの2強の取捨がポイントとなる。

1.ゴールドシップ   長距離戦での実力は抜けている。早めに自分から動く展開なら圧勝も
2.カレンミロティック 全盛期に比べるともうひと押しが足りなくなってきた
3.ネオブラックダイヤ 明らかに実力不足
4.ラストインパクト  瞬発力勝負に持ち込めば首位争いに加わることができる
5.タマモベストプレイ 自在性に魅力はあるが、能力面でここに入ると苦しい
6.ホッコーブレーヴ  昨年3着トコース適正はあるが、乗り替わりはマイナス
7.トーセンアルニカ  不良馬場にでもならない限り苦しい
8.スズカデヴィアス  単騎逃げに持ち込めそうで、展開次第では粘り込みに注意
9.クリールカイザー  前走以外は大きく崩れていないが、決め手に欠く印象
10.ラブリーデイ    長距離向きには思えないが、ルメール・マジックが怖い
11.フーラブライド   牡馬一線級を相手にするには実績不足
12.デニムアンドルビー 成績にムラがあるが、はまった時の脚は牡馬以上
13.キズナ       天皇賞男・武豊の「勝たなくてはいけない馬」という言葉は重い
14.フェイムゲーム   長距離戦には自信を持っている。人気薄だけに馬券的妙味がある
15.サウンズオブアース 菊花賞のレースぶりを見るとかなり能力が高い。キズナの強敵になる
16.ウインバリアシオン 実績は認めるが、全盛期の迫力が見られない
17.アドマイヤデウス  調子は絶好。鞍上も魅力で、この相手でも善戦できる

キズナの大阪杯2着は、確かに物足りない内容だった。楽々突き抜けても良い位置にいながら、ゴール前は脚色が鈍ってしまった。もしかしたら骨折後、まだ脚元を気にしている可能性もあるが、不良馬場が原因だとも考えられる。ここでも伸びを欠くようなら見限るが、もう1度追いかけてみたい気にさせる魅力が、同馬には詰まっている。今度こそ、王者らしい走りを期待したい。
ゴールドシップは阪神3千㍍ともっとも条件が向いていた阪神大賞典を制したが、以前のような驚くほどの強さではなかった。能力的な衰えが若干見られる気がする。京都コースは苦手な瞬発力勝負になるだけに、配当面を考えて、今回は思い切って切り捨てる。
本命はキズナで、相手は京都外回りが得意なディープインパクト産駒のデニムアンドルビー、ラストインパクトを本線に馬単、馬蓮。
長距離戦は騎手の腕が大きく影響するのでアドマイヤデウス、サウンズオブアース、ラブリーデイ、フェイムゲームをキズナからの馬単で抑える。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

壱岐署はこのほど、郷ノ浦町の壱岐保育園(眞鍋久美子園長)で防犯教室を開き、41人の園児が参加した。 生活安全課・小鉢賢佑係長ら3人が同…

201812/14

協働と情報公開はセット。

6日に成立した改正水道法で水道事業運営の民間委託が促進されることになった。その賛否についてテレビのニュース、ワイドショーで取り沙汰されている…

201812/14

久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問

市議会定例会12月会議は10日、一般質問初日が行われ、赤木貴尚議員は10月から市民を騒がせていた不正入札疑惑に関して「長崎県警が市職員を事情…

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

ページ上部へ戻る