© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

イルカのパルフェが死亡

壱岐市観光商工課は4月30日、勝本町の壱岐イルカパークで飼育されていたイルカ「パルフェ」(メス、推定36歳)が4月23日に死亡したことを発表した。壱岐家畜保健衛生所で鑑定の結果、老衰による溺死だったことが28日に判った。
パルフェは同パークが平成7年に開園した当初から飼育されており、同パークで出産、育児も経験。他のイルカたちの面倒をよくみる優しい性格で、スタッフや来園者からも愛されていた。白内障や歯が抜けるなど高齢ならではの衰えが見られていたが、スタッフと一緒に泳いだり、アジを追いかけるなど、最後まで好奇心旺盛なところを見せていた。
また同パークに3月24日に新たに導入された2頭のバンドウイルカの名前が決まった。
「のぞみ」(メス、推定10歳、体長272㌢、体重207㌔)はたれ目が特徴で、ボール遊びが大好き。「ひかり」(メス、推定11歳、体長281㌢、体重246㌔)はがっしりとした体格で、大きな目が特徴。
2頭には「希望の光になってもらいたい」という思いから、同パークのトレーナーが命名した。到着後1か月が経過して落ち着きも出てきており、GW中の「ごはんタイム」などにも登場を予定している。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る