© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

イルカのパルフェが死亡

壱岐市観光商工課は4月30日、勝本町の壱岐イルカパークで飼育されていたイルカ「パルフェ」(メス、推定36歳)が4月23日に死亡したことを発表した。壱岐家畜保健衛生所で鑑定の結果、老衰による溺死だったことが28日に判った。
パルフェは同パークが平成7年に開園した当初から飼育されており、同パークで出産、育児も経験。他のイルカたちの面倒をよくみる優しい性格で、スタッフや来園者からも愛されていた。白内障や歯が抜けるなど高齢ならではの衰えが見られていたが、スタッフと一緒に泳いだり、アジを追いかけるなど、最後まで好奇心旺盛なところを見せていた。
また同パークに3月24日に新たに導入された2頭のバンドウイルカの名前が決まった。
「のぞみ」(メス、推定10歳、体長272㌢、体重207㌔)はたれ目が特徴で、ボール遊びが大好き。「ひかり」(メス、推定11歳、体長281㌢、体重246㌔)はがっしりとした体格で、大きな目が特徴。
2頭には「希望の光になってもらいたい」という思いから、同パークのトレーナーが命名した。到着後1か月が経過して落ち着きも出てきており、GW中の「ごはんタイム」などにも登場を予定している。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る