© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

先輩は救命救急医 渡良小卒業生が講義

渡良小(救命救急の講義を行った下条医師)

様々な分野で活躍している卒業生の話を聞く「渡良小学校版~ようこそ先輩」が10日、同校(中上一義校長、76人)で行われ、久留米大学病院高度救命救急センターで医師として活躍している下条芳秀さん(36)が全校児童に講義を行った。
下条さんは「渡良小時代はソフトボールの投手で、運動ばかりしていた。救命医、外科の手術というとすごく器用に思われるけれど、実際は不器用。投手が“打たれないかな、怖いな”と思っているのと同じで、失敗しないかといつも不安に思っている。でも、これも投手と同じで、最後は判断力、決断力なのです」と救命医の内面を判りやすく紹介した。
「仕事中は、この患者さんが祖父、祖母だったら、と考えています。みんながいるからいまの自分がある、という感謝の気持ちを忘れずに、患者さんに敬意を払う。そうすると患者さんにも気持ちが通じる。みんなにも周りの人に、感謝の気持ちを持っていてもらいたい」。
「小学校の時は、サラリーマンになって貯金をして、47歳で社長になって、定年後は安定した暮らしをしたいと文集に書いていた。でも高校2年の時、隣に住む1人暮らしのおばあちゃんが入院して“僕が付いていてあげられれば2人になれる”と思って、医師を目指すことにしました。将来の夢を見る時は、単に“○○になりたい”ではなく、“○○になって誰かを喜ばせたい”と思うようにして欲しい」。
「夢を叶えるためには、前向きな行動、他人のせいにしないで全ての解決は自分にあると思うこと、夢をあきらめないことが大切」などと生き方について熱く語った。
下条さんと同じくソフトボール部で投手をしている日高真樹さん(6年)は「僕も下条先生のように、夢を叶えたいと思いました。僕の夢はプロテニスプレーヤーになって、日本中の人たちを喜ばせたいことです」と先輩に負けない大きな夢を語った。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

201812/7

「警察から前副市長らに措置ない」、不正入札疑惑に白川市長が言及。市議会12月会議

市議会定例会12月会議が4日、開会した。10月から市内を騒がせていた不正入札疑惑について白川博一市長は行政報告の中で、中原康壽前副市長や一部…

201811/30

土木の日フェスタ&消防団フェスタ開催。

県建設業協会壱岐支部などが主催の「土木の日壱岐フェスタ2018」と、市消防団主催の「消防団フェスタ」が18日、イオン壱岐店横芝生で合同で行わ…

201811/30

長崎らしい土産づくりを。

長崎県ブランド農産加工品認証制度「長崎四季畑」の総合審査会がこのほど開かれ、新規53商品、更新18商品が認証。認証商品は109商品となった。…

ページ上部へ戻る