© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

地域おこし協力隊・松本浩志さんが観光連盟事務局長就任

市は1日、5人目の地域おこし協力隊員に決まった松本浩志さん(60)に委嘱状を交付した。壱岐市観光連盟に派遣し、同連盟事務局長を務める。任期は最大3年間(1年更新)。
14人の応募があり、市は「観光業界の現場を熟知し、エージェントとの人間関係が築かれており、ツアーで本市を訪れた実績などを評価」し、松本さんを選出した。
松本さんは山口県出身。日本大学法学部卒業後、全国農協観光協会に入会。その後、約40年間にわたり、JAグループの乗り右京観光などで諸侯の企画、添乗などの業務に携わり、3月末に農協観光を定年退職した。
「定年後は母の住む山口県岩国市に戻って、少しのんびりしようと考えていた時に、この募集を知った。壱岐は平成20年に福岡県の小学校の交流プロジェクトで訪れたことがあり、その時の島民のおもてなしがが強く印象に残っていた。この熱い気持ちをもっと広げていかなければ、と思っていたので、応募を決めた」と松本さんは動機を語った。
今後は「グリーンツーリズムなどで都市の人たちを壱岐の農村などに案内し、それが地域振興に結び付く循環型の仕組みを確立したい。これまで培った経験と人脈をフルに生かして、一人でも多くの人を壱岐に呼びたい」と抱負を語った。
白川博一市長は「ごっとり市場の採択、観光振興計画策定、昨年のインパウンド元年など、壱岐市はいま観光に力を入れている。その中枢である観光連盟の事務局長として、松本さんの手腕に期待している」と語った。w白川市長から委嘱状を渡された松本さん




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る