© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐ゆかりの芸術家たち展 19日まで一支国博物館で開催 

w企画展(幻想的な深見隆さんの作品) w博物館企画展 一支国博物館の第24回特別企画展「壱岐ゆかりの芸術家たち展」が3月20日から1階テーマ展示室で始まった。4月19日まで。入場無料。
同展は、昨年夏、郷ノ浦町出身の洋画家・深見隆さん(平成19年没、享年80歳)の遺族から壱岐市に、作品54点が一括寄贈されたことを記念して企画された。寄贈作品の中から代表作である「石紋(環)」など油絵7点、スケッチブック、絵の具セットなど絵画道具4点を展示。
また同時に、壱岐市出身の芸術家、小金丸幾久、山口幹雄、澤英二、平田明、永富鐵行、坪井賀子、日高大三の立体物、油絵計14点も展示し、先人たちが創り上げた壱岐の芸術を鑑賞する企画展とした。
深見は大正15年(1926年)生まれ。昭和23年に上京して画家を志し、27年に第7回行動美術協会展に半抽象的な表現による「造船所」が初入選。以後、同展で新人賞など受賞し、同協会会員となった。35年に第4回安井記念賞を受賞した「風化」は荒波と強風にさらされながら忍耐強くかつ厳かにたたずむ壱岐の海の岸壁を抽象的に表現したもので、以後の「石紋シリーズ」などの作品も同様のテーマで多く制作された。
河合恭典学芸員は「壱岐出身の芸術家の企画展は5年ぶり。島の子どもたちに偉大な先人たちがいたことを知ってもらいたかった。また壱岐高校美術部などの作品を見ていると、高校生はダリなど抽象画に深い興味を持っているようなので、深見さんの作品は刺激になるはず」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る