© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

兵庫県朝来市と調印 パートナーシップ宣言

パートナーシップ(調印を締結した両市長)

壱岐市と兵庫県朝来(あさご)市の「歴史・教育・経済パートナーシップ宣言」調印式が2月28日に文化ホールで行われ、白川博一市長と朝来市・多次勝昭市長が宣言書にサインを交わした。
両市のつながりは、1738年(元文3年)に朝来市(旧和田山町)で起こった元文一揆のため壱岐へ流刑となった小山弥兵衛を、孫娘の心諒尼が壱岐までひとり旅をして訪ねたことから始まる。1958年に壱岐の郷土史研究家・堀川誠太郎さんが弥兵衛の墓を芦辺町で発見。堀川さんが弥兵衛の子孫を探し当て、61年に末裔の小山禎之助さんら一行が墓参に壱岐を訪れた。その後も心諒尼の旅を題材にしたミュージカル「心を繋ぐ子守唄」の上演などを通じて盛んな交流が行われ、芦辺町産業まつり、但馬食文化まつりにお互いのブースを出店するなど、親交を深めている。
3月1日に壱岐市が市制施行10周年を迎えることから、両市の交流をより深め、地域間協同による経済の振興、活性化を図るためパートナーシップ宣言を行うことで合意した。
白川市長は朝来市について「“天空の城”竹田城址や生野銀山などの財産があり、山陰の交通拠点として工業団地を有して、人口が増え続けている。住民の人情味あふれる人間性も素晴らしい。海のない市なので、海に囲まれている壱岐市とお互いの魅力を感じ合っていける」と称えた。
多次市長は壱岐市について「人柄が熱く、温情に満ちている。いろいろな交流の中で、私たちは壱岐市のような熱い思いで接しているだろうか、といつも考えている。小中学校の修学旅行でも児童たちは感激して帰ってきた。歴史に彩られた素晴らしい風土に惚れ込んでいます」とエールを交換した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る