© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

兵庫県朝来市と調印 パートナーシップ宣言

パートナーシップ(調印を締結した両市長)

壱岐市と兵庫県朝来(あさご)市の「歴史・教育・経済パートナーシップ宣言」調印式が2月28日に文化ホールで行われ、白川博一市長と朝来市・多次勝昭市長が宣言書にサインを交わした。
両市のつながりは、1738年(元文3年)に朝来市(旧和田山町)で起こった元文一揆のため壱岐へ流刑となった小山弥兵衛を、孫娘の心諒尼が壱岐までひとり旅をして訪ねたことから始まる。1958年に壱岐の郷土史研究家・堀川誠太郎さんが弥兵衛の墓を芦辺町で発見。堀川さんが弥兵衛の子孫を探し当て、61年に末裔の小山禎之助さんら一行が墓参に壱岐を訪れた。その後も心諒尼の旅を題材にしたミュージカル「心を繋ぐ子守唄」の上演などを通じて盛んな交流が行われ、芦辺町産業まつり、但馬食文化まつりにお互いのブースを出店するなど、親交を深めている。
3月1日に壱岐市が市制施行10周年を迎えることから、両市の交流をより深め、地域間協同による経済の振興、活性化を図るためパートナーシップ宣言を行うことで合意した。
白川市長は朝来市について「“天空の城”竹田城址や生野銀山などの財産があり、山陰の交通拠点として工業団地を有して、人口が増え続けている。住民の人情味あふれる人間性も素晴らしい。海のない市なので、海に囲まれている壱岐市とお互いの魅力を感じ合っていける」と称えた。
多次市長は壱岐市について「人柄が熱く、温情に満ちている。いろいろな交流の中で、私たちは壱岐市のような熱い思いで接しているだろうか、といつも考えている。小中学校の修学旅行でも児童たちは感激して帰ってきた。歴史に彩られた素晴らしい風土に惚れ込んでいます」とエールを交換した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

20207/6

高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。

新型コロナウイルスの影響で中止となった夏の甲子園大会地区予選、第101回全国高等学校野球選手権長崎大会の代替大会である「令和2年度長崎県高等…

20207/6

柳田にコンテナ村。5日に1店舗目オープン。

郷ノ浦町柳田触の中央サービス横にコンテナを活用した飲食店街「壱岐コンテナ村」の“開村”準備が進んでいる。5日には1店舗目として居酒屋「お食事…

20206/29

リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。

勝本町のホテル・壱岐リトリート海里村上(旧海里村上)が17日、リブランドオープンした。 オープンを前に16日、報道機関向け内覧会を開き…

ページ上部へ戻る