© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人

ごっとりまつり(会場には約250人が詰めかけた) 「壱岐焼酎ごっとりまつり」(壱岐焼酎蔵めぐり実行委員会主催)が7日、壱岐文化ホール中ホールで開催され、約190人が焼酎7蔵から提供された47種類の壱岐焼酎を飲み比べした。
同まつりには波佐見市も参加。入場先着150人に波佐見焼の陶器が提供され、豪華な器に注いで壱岐焼酎を満喫した。
ステージでは、石原裕次郎のものまねタレント・ゆうたろうがスペシャルコンサートを公演。ゆうたろうのMCで各蔵の代表者が自社製品のPRを行うなど、和気あいあいのイベントとなった。
乾杯の音頭を取った同会・伊豆平会長は「壱岐焼酎は地場産の米、麦を原料にし、その廃液は和牛の飼料に使われ、その堆肥が再び米・麦を生んでいる。その循環は、酒が人と人のつながりを生んでいるのに似ている。壱岐焼酎は人生の潤滑油です。壱岐焼酎の全国シュアをさらに伸ばしていきたい」とあいさつした。
8日には観光バス2台で「七蔵めぐり」が実施され、島外から10人以上を含む58人が参加。各蔵で試飲を楽しんだ。また5日に福岡市のホテルで、7蔵合同による初の試飲会が催され、予想を大きく上回る510人が参加し、壱岐焼酎の島外での注目度の高さを示した。

ごっとりまつり(壱岐焼酎で乾杯)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/20

本市出身山川さんらが指導。ブラインドサッカー教室

壱岐サッカー協会は15日、筒城ふれあい体育館で「心をつなぐスポーツのチカラ~ブラインドサッカーから学ぶコミュニケーション~」を開催。壱岐少年…

20199/20

子ども議会復活を望む。

毎年、中学校の夏休みの最後に行われていた「子ども議会」が、今年は開催されないことになった。 子ども議会は、市内4中学校の代表者各4人、…

20199/20

郷ノ浦港に立体駐車場計画、白川市長が明言。市議会一般質問

市は、壱岐の玄関口である郷ノ浦港の再整備に本格的に取り組む考えを示した。11日の市議会定例会9月会議一般質問初日に、赤木貴尚議員の質問に答え…

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種…

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国…

ページ上部へ戻る