© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人

ごっとりまつり(会場には約250人が詰めかけた) 「壱岐焼酎ごっとりまつり」(壱岐焼酎蔵めぐり実行委員会主催)が7日、壱岐文化ホール中ホールで開催され、約190人が焼酎7蔵から提供された47種類の壱岐焼酎を飲み比べした。
同まつりには波佐見市も参加。入場先着150人に波佐見焼の陶器が提供され、豪華な器に注いで壱岐焼酎を満喫した。
ステージでは、石原裕次郎のものまねタレント・ゆうたろうがスペシャルコンサートを公演。ゆうたろうのMCで各蔵の代表者が自社製品のPRを行うなど、和気あいあいのイベントとなった。
乾杯の音頭を取った同会・伊豆平会長は「壱岐焼酎は地場産の米、麦を原料にし、その廃液は和牛の飼料に使われ、その堆肥が再び米・麦を生んでいる。その循環は、酒が人と人のつながりを生んでいるのに似ている。壱岐焼酎は人生の潤滑油です。壱岐焼酎の全国シュアをさらに伸ばしていきたい」とあいさつした。
8日には観光バス2台で「七蔵めぐり」が実施され、島外から10人以上を含む58人が参加。各蔵で試飲を楽しんだ。また5日に福岡市のホテルで、7蔵合同による初の試飲会が催され、予想を大きく上回る510人が参加し、壱岐焼酎の島外での注目度の高さを示した。

ごっとりまつり(壱岐焼酎で乾杯)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

壱岐署はこのほど、郷ノ浦町の壱岐保育園(眞鍋久美子園長)で防犯教室を開き、41人の園児が参加した。 生活安全課・小鉢賢佑係長ら3人が同…

201812/14

協働と情報公開はセット。

6日に成立した改正水道法で水道事業運営の民間委託が促進されることになった。その賛否についてテレビのニュース、ワイドショーで取り沙汰されている…

201812/14

久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問

市議会定例会12月会議は10日、一般質問初日が行われ、赤木貴尚議員は10月から市民を騒がせていた不正入札疑惑に関して「長崎県警が市職員を事情…

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

ページ上部へ戻る