© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

発掘速報展が開幕 リアルタイムに展示

発掘展(国分寺跡から発掘された瓦)

一支国博物館の第19回特別企画展「壱岐島発掘速報展2013」が7日に開幕した。4月6日まで。観覧無料。
平成25年度に島内で行われた6件の発掘調査(原の辻遺跡、カラカミ遺跡、大手長男神社遺跡、石路遺跡、壱岐国分寺跡、勝本城跡)の出土品をいち早く展示する企画で、これまで出土した5万3千点の中から161点を厳選。12日から調査が始まった勝本城跡は、出土したものから今後順次展示が行われていく。
今年度の調査で大発見となったのがカラカミ遺跡で発掘された地上式の炉。西日本を中心に行われていた弥生時代後期の鉄器や鉄製品の生産は地下式か半地下式だったが、カラカミでは最先端の技術を持っていたことが示された。松見裕二学芸員は「鉄製品を製作するための砥石やたたき石、鉄鍬の未完成品、加工前の棒状鉄素材などが発掘されており、鉄素材を中国大陸、朝鮮半島から入手し、2次加工が行われていたことが想像できる。交易品として取引されていたのではないか」と話した。
壱岐国分寺跡からは平城京遷都時に用いられた瓦と同じ文様の入った軒丸瓦が見つかっており、中央政権と強い結びつきがあったことが示されている。また国分寺廃絶後の遺物として炉跡などが発見されており、中世以降は金属加工工場として利用されていたことが判った。
須藤正人館長は「壱岐での発掘の最新情報を、ぜひ市民に確かめてもらいたい」とPRした。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/23

6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。

壱岐商業高校の品川未歩さん(情報処理科3年)が、同校で5年ぶりとなる「資格試験6種目1級合格」を達成した。品川さんが合格したのは「珠算・電卓…

20182/23

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町…

20182/23

議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ8人だけ。

本年度の議会報告会が13日壱岐の島ホール、14日勝本・かざはやで開かれた。今回からより深い討論をするために常任委員会の主催となり、13日は総…

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

ページ上部へ戻る