© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

発掘速報展が開幕 リアルタイムに展示

発掘展(国分寺跡から発掘された瓦)

一支国博物館の第19回特別企画展「壱岐島発掘速報展2013」が7日に開幕した。4月6日まで。観覧無料。
平成25年度に島内で行われた6件の発掘調査(原の辻遺跡、カラカミ遺跡、大手長男神社遺跡、石路遺跡、壱岐国分寺跡、勝本城跡)の出土品をいち早く展示する企画で、これまで出土した5万3千点の中から161点を厳選。12日から調査が始まった勝本城跡は、出土したものから今後順次展示が行われていく。
今年度の調査で大発見となったのがカラカミ遺跡で発掘された地上式の炉。西日本を中心に行われていた弥生時代後期の鉄器や鉄製品の生産は地下式か半地下式だったが、カラカミでは最先端の技術を持っていたことが示された。松見裕二学芸員は「鉄製品を製作するための砥石やたたき石、鉄鍬の未完成品、加工前の棒状鉄素材などが発掘されており、鉄素材を中国大陸、朝鮮半島から入手し、2次加工が行われていたことが想像できる。交易品として取引されていたのではないか」と話した。
壱岐国分寺跡からは平城京遷都時に用いられた瓦と同じ文様の入った軒丸瓦が見つかっており、中央政権と強い結びつきがあったことが示されている。また国分寺廃絶後の遺物として炉跡などが発見されており、中世以降は金属加工工場として利用されていたことが判った。
須藤正人館長は「壱岐での発掘の最新情報を、ぜひ市民に確かめてもらいたい」とPRした。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る