© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

子牛市は平均61万5660円 史上最高記録をさらに更新 壱岐家畜市場 定例2月子牛市

子牛市(高値の続出で大賑わいの子牛市)壱岐家畜市場の2月定例子牛市が1、2日に行われ、2日間トータルで入場794頭、取引成立793頭(牝349頭、去勢444頭)、販売総額4億8821万8320円の好成績を記録した。平均価格は61万5660円で、前回の2014年12月市場の59万20円を2万5千円以上も上回り、歴代最高価格をさらに更新した。
昨年2月市場と比較すると平均価格は10万円以上の伸びとなった。794頭の入場も昨年2月市場(819頭)以来の多頭数で、価格高騰は全国的な子牛頭数の不足が大きな原因とはいえ、生産者の笑顔は絶えず、市場は活気に満ちあふれた。
特徴的だったのは牝の高価格で、去勢の平均価格は前回から2万2千円増の65万4161円だったが、牝は2万8千円増の56万6678円となった。最高価格は平茂晴の去勢で95万5800円を記録し、これは昨年4月市場で百合茂の去勢が記録した95万7960円に次ぐ記録となった。種雄牛別では、牝、去勢とも金太郎3が、平茂晴を平均価格で上回る高い人気となった。
JA壱岐市・川﨑裕司組合長は「新規の購買者が3人加わり、活発なセリとなった。新年最初のセリ市として、この結果は素直に喜びたい。牝が高く売れてくれたので、生産者も安心したと思う。この価格が増頭に結びついていくように、より一層努力していく」と笑顔を見せた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

201812/7

「警察から前副市長らに措置ない」、不正入札疑惑に白川市長が言及。市議会12月会議

市議会定例会12月会議が4日、開会した。10月から市内を騒がせていた不正入札疑惑について白川博一市長は行政報告の中で、中原康壽前副市長や一部…

201811/30

土木の日フェスタ&消防団フェスタ開催。

県建設業協会壱岐支部などが主催の「土木の日壱岐フェスタ2018」と、市消防団主催の「消防団フェスタ」が18日、イオン壱岐店横芝生で合同で行わ…

201811/30

長崎らしい土産づくりを。

長崎県ブランド農産加工品認証制度「長崎四季畑」の総合審査会がこのほど開かれ、新規53商品、更新18商品が認証。認証商品は109商品となった。…

ページ上部へ戻る