© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

282人で百人一首大会 壱岐高・虹の原分教室

百人一首(身を乗り出して札を取る里村さん(中央)) 壱岐高校(鶴田勝也校長、479人)と虹の原特別支援学校高等部壱岐分教室(榊忠幸校長、15人)は14日、合同の校内百人一首大会を同校体育館で実施した。
日本古来の伝統遊戯に親しみ、伝統文化を尊重する姿勢を育むことなどを目的に、壱岐高では1976年から行われている恒例行事で、昨年から同分教室と合同で実施。今年から個人表彰が廃止され、1・2年生と分教室の13クラス、計282人が72チームに分かれて、クラス対抗の団体戦形式で腕前を競った。
昨年、個人戦で準優勝(30枚)だった里村佳祐さん(2年1組)は、上の句が読み上げられるとすばやく札に手を伸ばし、1回戦14枚、2回戦10枚で計24枚と活躍。クラスを2年生準優勝に押し上げる原動力となったが、里村さんは「昨年の枚数を超えたかったが、個人戦がないことで少しテンションが下がっていたのかもしれない。100首全部を暗記しているので、もっと取れたはずだが…」と悔しがった。
【成績】▽1年生 ①1年5組平均7・5枚②1年2組7・1枚
▽2年生 ①2年4組9・4枚②2年1組9・2枚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る