© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

松田脩生さんは全国優勝 中国語コンテスト壱岐高6人入賞

中国語(中国語コンテストで入賞した6人) 壱岐高校(鶴田勝也校長、480人)東アジア歴史・中国語コースの松田脩生さん(3年)が、昨年12月13日に京都外語大学で開催された第18回全国高校生中国語スピーチコンテスト中級部門(同大主催)で、出場14人中第1位相当の京都外語大学総長賞に輝いた。同コンテストで壱岐高生の優勝は平成21年川村明人さん(当時3年)以来、5年ぶりだった。
また同日に九州産業大学(福岡市)で開催された第13回九州・山口地区高校生中国語発表会(高等学校中国語教育研究会九州支部主催)でも朗読部門(出場11人)1位に鈴木岳斗さん(1年)、暗誦部門(同7人)1位に三宅史也さん(2年)、同3位に久保曜さん(3年)、同5位に下田天羽さん(3年)、スピーチ部門(同3人)1位に松本泰晟さん(2年)が入賞し、3部門すべてを制覇した。同発表会では20年から7年連続で1位獲得となった。
松田さんは「全国大会は1年の時から夢の舞台だった。先生たちから“出るからには1位を狙え”と言われていて、1か月半前ら懸命に練習した成果が出ました」と喜んだ。松田さんは昨年5月の五星奨・中国語コンテストスピーチ部門に続く優勝となった。
今春は上海外国語大学へ進学する。長崎市の出身で「壱岐に来て本当に良かった。本土にいたらこのようなマンツーマンの授業を受けることはできなかったし、中国語も習っていなかっただろう」と新たな道を後押ししてくれた離島留学制度に感謝した。
▽鈴木さん 初めてのコンテスト出場だったのでレベルが判らず、先生や先輩のアドバイスを受け、できる限りの練習をしたのが良かった。
▽三宅さん 身振り手振りを交えて、感情を込めて暗誦した。これまで1位がなかったので嬉しかった。
▽久保さん 2回目の出場だったが、前回は直前に部活でけがをしてしまい、満足に練習ができなかった。今回は思う存分できた。
▽下田さん 3年だが今回が初出場だった。コンテスト、他校のレベルはどうなのか判らなかったが、自分にできる精一杯の練習をして臨んだ。
▽松本さん スピーチ部門の出場は初めてだったが、会場に来ている人に聞かせることを意識した。実際にあった上海のお土産屋さんとの価格値引き交渉のやりとりを一人芝居で表現した。審査員が笑ってくれて嬉しかった。

中国語(念願の全国1位に輝いた松田さん)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/15

韓国民族舞踊など披露。第21回日韓国際交流文化祭

第21回日韓国際交流文化祭(市文化団体協議会主催)が4日、壱岐の島ホールで開かれ、韓国伝統芸能と壱岐芸能のコラボレーションを約300人が楽し…

201911/15

航空路維持はまだ安心できない。

壱岐市からの知事要望、県中学駅伝と2週続けて長崎本土に取材に出向いた。知事要望は県庁で午前11時から、中学駅伝は諫早で午前10時50分のスタ…

201911/15

女子・芦辺が中学統合後の最高順位4位で入賞。県中総体駅伝大会

県中学総体の第61回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第36回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

ページ上部へ戻る