© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

「海の名人」に大久保照享さん イカ釣り漁一筋53年

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 農水省、文科省などで構成する「聞き取り甲子園実行委員会」はこのほど、平成26年度「海・川名人」19人を発表し、壱岐から勝本町漁協組合長の大久保照享(てるたか)さん(68)がイカ釣り漁師として「海の名人」に認定された。壱岐からの認定は海女の片穂野八代子さん(24年度)以来2人目。認定証は11月21日に壱岐振興局水産課から手渡された。
大久保さんは中学卒業後すぐ父親のイカ釣り漁船に同乗し、53年間もイカ釣り一筋で漁を行う傍ら、日本海における小型イカ釣り漁業の漁場開拓、出荷サイズの統一、鮮度保持やブランド化による価格の安定・向上に尽力。
現在は勝本町漁協組合長として漁民を束ね、さらに長崎県及び全国イカ釣り漁業協議会会長として全国一斉休漁日の設定、集魚灯の光力規制などの資源管理型漁業を推進するイカ釣り漁業のリーダー的な存在であることが、委員会で認められた。
大久保さんは「50年間も研究を続けて、イカのことは誰よりも知っていると思っているので、名人の称号は嬉しいですね。イカは生活の一部で、イカ釣りがあったから、いま組合長をさせてもらっている。イカには感謝しています。イカを遠方まで追いかけて、カンが当たって群れを見つけた時は感動しますよ」とイカ釣りの魅力を語った。
今年のイカ漁は不漁が続いているが、「地球温暖化で海水温が上がり、イカの通り道が韓国側に移動している。韓国は豊漁が続いているので、イカはいるのです。自然が相手なので断言はできませんが、潮の流れが変われば大丈夫だと思います」と名人は今後の壱岐のイカ釣り漁を展望した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る