友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

志原・初山小でフラメンコ 蘭このみスペイン舞踏団

志原小(フラメンコを体験した児童) 文化庁の「文化芸術による子供の育成事業‐巡回公演事業‐蘭このみスペイン舞踊団」の公演が6日に志原小学校(松嶋真美子校長、72人)、7日に初山小学校(江浪俊彦校長、34人)で行われ、舞踏団のダンサー22人、演奏家4人など総勢30人が来校。早朝から本格的な舞台装置を組み立て、全校児童が鑑賞した。
子どもたちにとってスペイン舞踊の舞台鑑賞は初めてだが、10月に行われたワークショップに団員5人が来校し、楽器演奏や衣装や靴の着用、掛け声とダンスの練習など体験活動を行っていた。
それだけに本番では楽曲「アンダルシアの風」を手拍子をしながら鑑賞。目の前で披露される迫力たっぷりの情熱的なフラメンコのダンスと生のギター、カンテの演奏を存分に楽しんだ。志原小では楽曲中の「ブレリアス」(3拍子のスペイン民謡)で児童が太鼓のような「カホン」を叩いてダンスを盛り上げ、「ふれあいダンスコンサート」では6年女子児童がフラメンコの衣装を身につけて、5年生以下の児童や志原保育所の園児も参加して、ダンサーらと一緒に足踏みダンスを踊った。
舞踏団代表の蘭このみさんは「ワークショップで教えたカホン、ダンスを、みんなが積極的に練習してくれたので、感動的な舞台になりました」と児童たちの熱心さを称えた。志原小で生徒代表のあいさつをした野元葉月さん(6年)は「こんなに多くの人たちが遠くから志原小に来てくれて感動しました。初めてで緊張したけれど、きれいな衣装で踊ることができて、とても楽しかったです」と礼を述べ、蘭さんに花束を渡した。

志原小(華麗なフラメンコのステージ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/5

風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。

3月末で休館が決まった勝本町の西部開発総合センターのホールで、同所を活動拠点としていた壱州太鼓演奏集団の風舞組(中上良二代表、12人)が3月…

20214/5

椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

3月下旬から市内各所でサクラが満開を迎えたが、旧沼津中学校近くの民家には、椎の木の先端から生えたサクラがあり、道行く人を楽しませている。 …

20214/5

原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。

県内唯一のクラフトビール醸造所、原田酒造(原田知征代表取締役)の「アイランドブリュワワリー」は3月24日から仕込みを始めた。今後、週1回のペ…

20213/29

成人の誓い新たに。市成人式199人出席。

新型コロナの感染拡大で1月10日から延期となっていた令和3年市成人式が20日、壱岐の島ホールであり、新成人199人(男91人、女108人)が…

ページ上部へ戻る