© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

議会は「庁舎建設が必要」と結論 採決は賛成11、反対3 庁舎建設検討 特別委員会

庁舎建設(採決は3人だけが着席)市議会庁舎建設検討特別委員会(市山繁委員長、15人)の第4回会合が4日、市議会議場で行われ、「市庁舎建設の必要性」について討論と採決を実施。討論では賛否両論があったが、採決は委員長を除く14人中、賛成11、反対3となり、市議会としては「建設は必要」との結論を出した。今後は新たに「庁舎建設特別委員会」を立ち上げ、建設候補地の選定などを検討していく。なお、白川博一市長は県市長会の視察で島根県へ出張中のため、委員会を欠席した。
建設の必要性についての討論は、意見が真っ二つに分かれた。中田恭一、音嶋正吾、赤木貴尚議員がそれぞれ「高齢化、人口減少が進んでいるなか、新庁舎建設よりも支所・出張所の充実を先に行うべき」(中田)、「反対が多数を占めた市民アンケートの結果を無視することは、住民自治尊重の立場を逸脱することだ」(音嶋)、「市執行部の説明がまったく足りない。この説明では住民が納得できない」(赤木)と反対の立場で意見を述べた。
一方、深見義輝、市山和幸、豊坂敏文、土谷勇二の4議員はいずれも「合併特例債という極めて有利な起債が使用できるうちに建設を行うべきだ」「現4庁舎を維持していくのは耐震、長寿命化工事など莫大な経費がかかる」などの理由で賛成意見を述べた。
意見が出尽くしたところで採決が行われ、起立多数で「建設は必要」と議会としての結論が出された。起立しなかったのは、反対意見を述べた3人だけで、大差となった。
市山繁委員長は「建設するか、しないかは、合併特例債の期限があったため、早急に決定しなければならなかった。11月までには決定したかったので、結論が出たという意味ではホッとしている」と話した。
だがアンケートで64・3%が「建設反対」と回答したことと逆の結論が出されたことで、市、議会とも、今後は市民に丁寧な説明をし、納得してもらうことが必要となる。
今後は庁舎建設特別委員会で、最大の課題である建設候補地などについて検討が行われていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る