© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/10

しまごと芸術祭が開幕 絵画・写真展に55作品

しまごと芸術祭(児童の絵画作品) 一支国博物館の秋の恒例行事、しまごと芸術祭が3日に開幕。11月24日まで美術展、音楽祭、その他の各種イベントが実施される。
1階テーマ展示室で行われている「壱岐の歴史的なもの」をテーマにした「市民絵画・写真展」には、市民などから絵画部門33点、写真部門22点の応募があり、全作品を展示。11月9日まで来館者に「もっとも好きな作品」各1点の投票を呼び掛け、両部門それぞれの最高得点を得た作品に最優秀賞(5万円相当の賞品)、2~4位に優秀賞(1万円相当の賞品)を贈るほか、博物館内で1年間展示する。
絵画作品は保育所~小学6年までの作品10点、虹の原特別支援学校高等部壱岐分教室生徒の作品5点、勝本南画教室の作品9点など。昨年、米寿で個展を開いた吉田律子さんは「海からの贈り物」、市ケーブルテレビの松永美咲アナウンサーは「私の願いごと、叶えてください」のタイトルで出展している。
河合恭典学芸員は「今年から作品について作者のコメントを付けてもらうことにした。これまで気が付かなかった作者の思いを感じ取り、歴史の感じ方が人それぞれであることを知り、勉強になりました」と同博物館ならではの取り組みを説明した。
◆しまごと芸術祭今後の予定
▽10月19日=一支国浪漫コンサート、いきはくフリマ
▽11月2日=マンドリンコンサート
▽11月8日=壱岐商業高校吹奏楽部定期公演
▽11月16日=市民劇団一支国座定期公演
▽11月23日=特別講座「日本の漆器は海を越えて」(講師・植松有希氏)
▽11月24日=一支国寄席「江戸落語を堪能する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る