© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/10

観光客の立場に立ったブランを

syasetsu 先日、BS‐TBSで放送された「岡江久美子が行く!街まかせの旅・初めてづくしの長崎・壱岐編」は2時間の枠でたっぷりと、壱岐の魅力を全国に伝えてくれた。撮影当日はあいにくの悪天候だったが、旅は晴天ばかりではない。雨天時にどんな楽しさを体験できるのかも、観光地の大きな魅力である。
この番組から、今後の壱岐観光の展開が見えた部分があった。「ごっとり市場プロジェクト」でも人気を集めている「シーキャンドル作り」を岡江さんも楽しそうに体験していた。陶器作りなどと違って手ごろな大きさ、その場で持ち帰ることができる簡便さは、観光客に人気が高いことがよく判る。
だが事前に用意された貝殻で作るよりも、自分で拾い集めた貝殻の方が感動は大きい。壱岐は多くの海水浴場で美しい貝殻を拾うことができる。筒城浜、辰ノ島などのレストハウス、海の家に体験コーナーを常設し、事前申し込みなしで体験できるようになれば、観光客の利便性はさらに高くなる。
スーパーマーケット巡りは岡江さんならではの観光コースだった。今回は特別に剣先イカを試食していたが、スーパーの鮮魚売り場で気軽に買った魚を食べることができれば、観光客の人気が出るはず。保健所の許可が必要になるが、例えばマリンパルなどは、魚をさばく調理人さえいれば、隣のテーブル席で食べることが可能だ。
海の近くの「道の駅」や「市場」ではよく行われているサービスであり、陳列棚から自分で選んだ魚を刺身、鮨、海鮮丼に、野菜をそのままドレッシングつけて提供するなどのサービスは、全国各地で人気を集めている。
ホテル、民宿など宿泊施設との兼ね合いはあるが、民泊も正式に募集できるようになれば、観光客には選択肢が広がる。風呂は温泉の立ち寄り湯へ、料理はヘルスメイトが振る舞うという手もある。
せっかくの「ごっとり市場」、体験メニュー創設だけでなく、みんなの知恵を集めることが、まずは大切なのではないか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る