© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/10

観光客の立場に立ったブランを

syasetsu 先日、BS‐TBSで放送された「岡江久美子が行く!街まかせの旅・初めてづくしの長崎・壱岐編」は2時間の枠でたっぷりと、壱岐の魅力を全国に伝えてくれた。撮影当日はあいにくの悪天候だったが、旅は晴天ばかりではない。雨天時にどんな楽しさを体験できるのかも、観光地の大きな魅力である。
この番組から、今後の壱岐観光の展開が見えた部分があった。「ごっとり市場プロジェクト」でも人気を集めている「シーキャンドル作り」を岡江さんも楽しそうに体験していた。陶器作りなどと違って手ごろな大きさ、その場で持ち帰ることができる簡便さは、観光客に人気が高いことがよく判る。
だが事前に用意された貝殻で作るよりも、自分で拾い集めた貝殻の方が感動は大きい。壱岐は多くの海水浴場で美しい貝殻を拾うことができる。筒城浜、辰ノ島などのレストハウス、海の家に体験コーナーを常設し、事前申し込みなしで体験できるようになれば、観光客の利便性はさらに高くなる。
スーパーマーケット巡りは岡江さんならではの観光コースだった。今回は特別に剣先イカを試食していたが、スーパーの鮮魚売り場で気軽に買った魚を食べることができれば、観光客の人気が出るはず。保健所の許可が必要になるが、例えばマリンパルなどは、魚をさばく調理人さえいれば、隣のテーブル席で食べることが可能だ。
海の近くの「道の駅」や「市場」ではよく行われているサービスであり、陳列棚から自分で選んだ魚を刺身、鮨、海鮮丼に、野菜をそのままドレッシングつけて提供するなどのサービスは、全国各地で人気を集めている。
ホテル、民宿など宿泊施設との兼ね合いはあるが、民泊も正式に募集できるようになれば、観光客には選択肢が広がる。風呂は温泉の立ち寄り湯へ、料理はヘルスメイトが振る舞うという手もある。
せっかくの「ごっとり市場」、体験メニュー創設だけでなく、みんなの知恵を集めることが、まずは大切なのではないか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る