© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/3

“壱岐の逸ノ城”誕生 霞翠わんぱく相撲

霞翠相撲(横綱決戦。前田(左)さんを右からの投げで崩す永井さん) 霞翠小学校(豊島主博校長、96人)の「わんぱくすもう大会」(翠の会・地域実践部など主催)が9月22日、同小の相撲場で行われ、同小全児童と霞翠幼稚園児30人が出場。紅白に分かれて対戦し、元気いっぱいの取組を見せた。
同大会は1962年から続く伝統行事で、今年で53回目。2005年からは地域で子どもたちの成長を見守る翠の会(現会長は豊坂守さん)が主催となり、学校のスローガンである「タフに育て・霞翠っ子」を目標に、地域を挙げて取り組んでいる。
取組は5・6年生の男女団体戦、霞翠幼稚園団体戦、個人勝ち抜き戦は1・2年生、中学年男女、高学年男女のカテゴリーで実施。取組前には赤組・前田昇さん(6年)、白組・永井悠麿さん(6年)の両横綱による堂々たる土俵入りが披露され、観客からは四股のたびに「よいしょ!!」の掛け声が飛んだ。
男子団体戦ではその横綱同士の対戦が実現。体格で勝る永井さんが右からの首投げ、さらに巻き替えて下手投げで相手を崩そうとするが、前田さんも足を掛けて必死にこらえる力の入る大一番。最後は永井さんが体重をかけて浴びせ倒しで勝負を決めた。
恵まれた体格で“壱岐の逸ノ城”のような永井さんは「練習では勝っていたいたけれど、本番は何があるか分からないので、勝ててホッとしています。中学生になってもみんなと相撲を続けていきたいです。体重?70㌔くらいですかね」と体重の質問には恥ずかしそうにしながらも、満面の笑みを見せた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/18

新春マラソンに1817人出走。ハーフ男子は川谷勇貴さん優勝。

第33回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が13日、芦辺・ふれあい広場を発着とする特設コースで開かれ、6部門33種目に延べ1817…

20191/18

壱岐の「本物」育成が必要。

年末年始は仕事以外は外出せずに、テレビを観る時間が多かった。動画のネット配信に押され気味だと言われているテレビだが、見応えのある番組もあった…

20191/18

こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

「子育ての島・壱岐」の充実に、保護者たちが立ち上がった。市内子育てサークルの「おひさま」「さくらんぼ」「たんぽぽの会」「笑(えみ)」の4団体…

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

ページ上部へ戻る