友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20149/26

早口読みは「公開」ではない

syasetsu 前回に続いて「開かれた議会」について提言したい。
議会に限らず、会議の「公開」とは、そのすべてを一般市民に対して明らかにすることである。市議会のような中継がない限り、会議の傍聴を市民が行うことが難しいため、マスコミが市民を代表して取材し、その内容を伝えることになる。
ところが壱岐市では、会議によって資料がマスコミに配布されないことがある。先日開催された航路対策協議会もそうだった。九州郵船が提出した航路別収支に関する資料は委員だけに配布され、しかも会議後に回収された。その資料に基づいた説明は公開されていても、資料がなければ内容について正確な報道ができない。これでは「公開」とは言えない。
外部には出すことができない資料に基づいた会議もあることは理解しているが、それなら表面的に「公開」を繕うべきではない。「会社の経営に関するので非公開とする」と説明し、マスコミを外に出して、公開の議題からは外して密室で行えば良いことだ。
議会のハイライトは一般質問だろう。議員と市長ら市執行部との丁々発止のやり取りは、壱岐市をどのような方向へ導いていくのか、大きな興味を抱いてテレビ中継を観ている市民も多いだろう。だがこの丁々発止は「再質問」に関してのみで、当初の質問は市執行部に事前通告されているため、議員は通告書を、執行部は事前に用意した答弁書を読んでいる。
人間は文章を読む時に、どうしても自己満足になる。間違いないように読んで、自分が理解できれば良いと思ってしまいがちで、早口になる。聴いている市民の顔が浮かんでいないのだ。市民に伝わらなければ「質問」「答弁」ではない。
答弁を事前に配布することは議会の本質から外れるために不可能だが、それならば答弁書を見ていない市民がすべてを理解できるように、フリップやパワーボイントを使用するなどした上で、ゆっくり書き砕くようにと読むことが求められる。誰もが理解できてこその「開かれた議会」だ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る