© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

4会場で敬老会 70歳以上7598人

敬老会(蛇踊りに大きな拍手) 壱岐市敬老会が「敬老の日」の15日、今年度中に70歳以上となる計7598人を対象に市内4会場で行われ、喜寿(77歳)を迎えた363人、米寿の228人には褒状が授与された。
文化ホールで行われた郷ノ浦会場では、喜寿の121人、米寿の85人の各地区代表者に白川博一市長から褒状が手渡された。白川市長は「市内の100歳以上の方は27人、最高齢は105歳が3人いらっしゃる。70歳以上の7千6百人の方々は戦中戦後の厳しい時代を乗り越え、故郷・壱岐のために懸命に力を尽くして来られた。皆さんが今後安心して暮らしていけるように、介護、医療福祉など施策の充実を図っていきたい」とあいさつした。
アトラクションでは壱岐文化ホールジュニア合唱団が「ウルトラマン」「ウルトラセブン」など招待客が子育てをしていた時代のテレビ番組主題歌や「ずいずいずっころばし」などのわらべ歌を合唱。柳田地区婦人会は見事な蛇踊りを披露。空手道修練会スポーツ少年団は技、型で元気いっぱいの演舞を見せて、招待客を喜ばせた。
アトラクションは、勝本会場(壱岐西部開発総合センター)は勝春会、華京会、若菜会による日本舞踊など、芦辺会場(壱岐島開発総合センター)は勝春会の日本舞踊、ザ・ハーモニーのバンド演奏、石田会場(石田農村環境改善センター)は各地区婦人会の舞踊・コーラス、玄海太鼓82の会の子ども太鼓などが披露された。
壱岐振興局によると今年度に100歳に到達する人は17人で、19日から順次、松尾明彦壱岐振興局長が知事祝状と長寿祝金(5万円)、内閣総理大臣祝状と記念品の銀杯を、各戸を回って贈呈する。

敬老会(白川市長が褒状を授与)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る