© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

かかし62作品を展示 「壱岐神楽」の力作も

かかし(見事な出来栄えの壱岐神楽かかし)特定農業法人の大左右ファーム(川原忠雄組合長)は1日、第2回かかしコンテストの審査会を実施した。
旧箱崎中学校近くの大左右川沿いの両岸約500㍍に、同ファーム48人の組合員と、瀬戸小、箱崎小の児童なども加わって、54個人・団体が参加。62作品(かかしとしては80体以上)がズラリと展示された。
農業の多面的機能、食の安全・安心、文化の継承など農村の景観を守り、農業の大切さを子孫に伝えていくことと、豊作祈願が目的に始められたものだが「もっとも大切なのは、みんながかかしを競うように懸命に作って、こうして持ち寄って、笑い合うこと。子どもたちが農業に触れるきっかけにもなる」と川原組合長は笑顔でかかしの列を見つめた。
第1回の昨年も凝った作品が多かったが、2回目となり作品はさらにレベルアップ。6体のかかしが壱岐神楽の「豊年舞」を踊る作品は、面は本物で風で首が動くなど細かな技術が駆使されているハイレベルさ。地蔵を参る老婆を描いた作品は、後ろ向きの老婆に思わず声を掛けそうになるほどリアルさだ。
かかし(お地蔵さんにお参り) 審査は、壱岐振興局農林水産部地域普及課の西村富一郎課長が審査委員長となり、市、JA、共済、箱崎GOGOクラブから各1人の計5人が、それぞれのかかしを5点満点で採点。最優秀作品のほか、アイデア賞、ユーモア賞、審査員特別賞など各賞を決定。結果は10月中旬に予定されている箱崎地区の収穫祭で発表される。

 

かかし2-horz

 

 

 

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/23

6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。

壱岐商業高校の品川未歩さん(情報処理科3年)が、同校で5年ぶりとなる「資格試験6種目1級合格」を達成した。品川さんが合格したのは「珠算・電卓…

20182/23

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町…

20182/23

議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ8人だけ。

本年度の議会報告会が13日壱岐の島ホール、14日勝本・かざはやで開かれた。今回からより深い討論をするために常任委員会の主催となり、13日は総…

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

ページ上部へ戻る