© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

かかし62作品を展示 「壱岐神楽」の力作も

かかし(見事な出来栄えの壱岐神楽かかし)特定農業法人の大左右ファーム(川原忠雄組合長)は1日、第2回かかしコンテストの審査会を実施した。
旧箱崎中学校近くの大左右川沿いの両岸約500㍍に、同ファーム48人の組合員と、瀬戸小、箱崎小の児童なども加わって、54個人・団体が参加。62作品(かかしとしては80体以上)がズラリと展示された。
農業の多面的機能、食の安全・安心、文化の継承など農村の景観を守り、農業の大切さを子孫に伝えていくことと、豊作祈願が目的に始められたものだが「もっとも大切なのは、みんながかかしを競うように懸命に作って、こうして持ち寄って、笑い合うこと。子どもたちが農業に触れるきっかけにもなる」と川原組合長は笑顔でかかしの列を見つめた。
第1回の昨年も凝った作品が多かったが、2回目となり作品はさらにレベルアップ。6体のかかしが壱岐神楽の「豊年舞」を踊る作品は、面は本物で風で首が動くなど細かな技術が駆使されているハイレベルさ。地蔵を参る老婆を描いた作品は、後ろ向きの老婆に思わず声を掛けそうになるほどリアルさだ。
かかし(お地蔵さんにお参り) 審査は、壱岐振興局農林水産部地域普及課の西村富一郎課長が審査委員長となり、市、JA、共済、箱崎GOGOクラブから各1人の計5人が、それぞれのかかしを5点満点で採点。最優秀作品のほか、アイデア賞、ユーモア賞、審査員特別賞など各賞を決定。結果は10月中旬に予定されている箱崎地区の収穫祭で発表される。

 

かかし2-horz

 

 

 

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/12

女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子55回、女子38回)が4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍)の周回コース(男子6区間2…

201810/12

もしもの航路問題に備えて。

決して対岸の火事とは言えない出来事だった。上五島町の五島産業汽船が2日、全4航路で突然の運行停止となった問題だ。同社の負債総額は関連会社も含…

201810/12

イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成。再整備 も着手へ。

勝本町の壱岐イルカパークは7日、入園者100万人達成記念セレモニーを開いた。同園は平成7年4月1日にオープン。原則として年中無休で営業を続け…

201810/5

スペースシャトルの食事。一支国博物館で宇宙食フェア。

一支国博物館で9月24日、イベント「宇宙食を食べてみたい!宇宙食フェア」が開催された。 佐賀県武雄市の佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」…

201810/5

横文字多用は能力の欠如。

安倍晋三首相がトランプ米大統領と会談し、2国間によるTAG(物品貿易協定)の締結に向け新たな通商交渉に入ることで合意したというニュースがあっ…

ページ上部へ戻る