© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

かかし62作品を展示 「壱岐神楽」の力作も

かかし(見事な出来栄えの壱岐神楽かかし)特定農業法人の大左右ファーム(川原忠雄組合長)は1日、第2回かかしコンテストの審査会を実施した。
旧箱崎中学校近くの大左右川沿いの両岸約500㍍に、同ファーム48人の組合員と、瀬戸小、箱崎小の児童なども加わって、54個人・団体が参加。62作品(かかしとしては80体以上)がズラリと展示された。
農業の多面的機能、食の安全・安心、文化の継承など農村の景観を守り、農業の大切さを子孫に伝えていくことと、豊作祈願が目的に始められたものだが「もっとも大切なのは、みんながかかしを競うように懸命に作って、こうして持ち寄って、笑い合うこと。子どもたちが農業に触れるきっかけにもなる」と川原組合長は笑顔でかかしの列を見つめた。
第1回の昨年も凝った作品が多かったが、2回目となり作品はさらにレベルアップ。6体のかかしが壱岐神楽の「豊年舞」を踊る作品は、面は本物で風で首が動くなど細かな技術が駆使されているハイレベルさ。地蔵を参る老婆を描いた作品は、後ろ向きの老婆に思わず声を掛けそうになるほどリアルさだ。
かかし(お地蔵さんにお参り) 審査は、壱岐振興局農林水産部地域普及課の西村富一郎課長が審査委員長となり、市、JA、共済、箱崎GOGOクラブから各1人の計5人が、それぞれのかかしを5点満点で採点。最優秀作品のほか、アイデア賞、ユーモア賞、審査員特別賞など各賞を決定。結果は10月中旬に予定されている箱崎地区の収穫祭で発表される。

 

かかし2-horz

 

 

 

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る