© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

地域・保護者・学校が一体 霞翠小わんぱくすもう大会

すもう(幼稚園の女子も激しい相撲)

平成24年度霞翠小学校「わんぱくすもう大会」が9月28日に霞翠小の土俵で行われ、全校児童112人、霞翠幼稚園児34人の計146人が稽古の成果を競った。
開会式で児童代表の斉藤圭保さん(6年)が「6年間続けてきた最後の相撲大会なので、悔いのないように精一杯頑張りたい」とあいさつ。横綱土俵入りでは、赤組・大内駿さん(6年)が不知火型、白組・黒岩智晃さん(6年)が雲竜型で、ともに太刀持ち、露払い、行司役、拍子木を従えて堂々の姿を披露した。
取組は5、6年生の団体戦、幼稚園児の個人戦、1~6年生の個人勝ち抜き戦で争われた。団体戦で実現した横綱同士の対戦は、寄り切りで黒岩さんに軍配が上がった。霞翠幼稚園の霞翠ケルディオは9月1日の一支國幼児相撲大会で団体戦準優勝の成績を収めており、幼稚園児の対戦からレベルの高い白熱した取組が展開され、保護者らが熱い声援を送った。
この相撲大会は昭和37年から続く伝統の行事で、今年51回目。平成17年からは、地域実践部の「翠の会」が主催して行われている。霞翠小は今年4月に県下で唯一、文部科学省が推進する、地域の協力を得ながら学校運営を行う「コミュニティ・スクール」に指定された。霞翠っ子育成協議会の堀川薫会長は「指定を受けたからといって違う試みをするわけではなく、これまで通りにこの相撲大会をはじめ、家庭科・算数などの授業強化サポート、囲碁・将棋などの指導、校内パトロールといった支援ボランティア、料理・手芸・生け花・茶道・ゲートボールなどの体験学習などに地域の住民、お年寄りらが取り組んでいます」と学校、保護者、地域が一体となり、3世代にわたった交流を行いながら、子どもたちを豊かな成長を支えている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る