© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

すもう(幼稚園の女子も激しい相撲)

地域・保護者・学校が一体 霞翠小わんぱくすもう大会

すもう(幼稚園の女子も激しい相撲)

平成24年度霞翠小学校「わんぱくすもう大会」が9月28日に霞翠小の土俵で行われ、全校児童112人、霞翠幼稚園児34人の計146人が稽古の成果を競った。
開会式で児童代表の斉藤圭保さん(6年)が「6年間続けてきた最後の相撲大会なので、悔いのないように精一杯頑張りたい」とあいさつ。横綱土俵入りでは、赤組・大内駿さん(6年)が不知火型、白組・黒岩智晃さん(6年)が雲竜型で、ともに太刀持ち、露払い、行司役、拍子木を従えて堂々の姿を披露した。
取組は5、6年生の団体戦、幼稚園児の個人戦、1~6年生の個人勝ち抜き戦で争われた。団体戦で実現した横綱同士の対戦は、寄り切りで黒岩さんに軍配が上がった。霞翠幼稚園の霞翠ケルディオは9月1日の一支國幼児相撲大会で団体戦準優勝の成績を収めており、幼稚園児の対戦からレベルの高い白熱した取組が展開され、保護者らが熱い声援を送った。
この相撲大会は昭和37年から続く伝統の行事で、今年51回目。平成17年からは、地域実践部の「翠の会」が主催して行われている。霞翠小は今年4月に県下で唯一、文部科学省が推進する、地域の協力を得ながら学校運営を行う「コミュニティ・スクール」に指定された。霞翠っ子育成協議会の堀川薫会長は「指定を受けたからといって違う試みをするわけではなく、これまで通りにこの相撲大会をはじめ、家庭科・算数などの授業強化サポート、囲碁・将棋などの指導、校内パトロールといった支援ボランティア、料理・手芸・生け花・茶道・ゲートボールなどの体験学習などに地域の住民、お年寄りらが取り組んでいます」と学校、保護者、地域が一体となり、3世代にわたった交流を行いながら、子どもたちを豊かな成長を支えている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201612/6

NHKラジオ公開収録 橋幸夫、門倉有希が出演

壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)落成20周年記念としてNHKラジオ「ふるさと自慢うた自慢」の公開収録が11月25日、同ホールで行われ、橋幸夫…

syasetsu

201612/6

社説・野犬対策で住みやすい街づくりを

地方の人口減少対策として都会の人の田舎への移住が注目されているが、なかなか定住に結びつかないという問題が全国で起きている。買い物などの不便さ…

iki

201612/6

40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団

コール・リーベ女声合唱団の40周年記念コンサートが11月26日に壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市民ら約3百人が鑑賞した。 同団は1975…

iki

201612/6

長岡秀星さん最古の作品発見 高校同級生・篠崎さんが寄贈 7日まで一支国博物館の追悼展で展示

小学校2年から高校卒業までを疎開先の壱岐で過ごした画家・イラストレーターの長岡秀星さん(昨年6月死去、享年78)が遺した最古の未発表作品がこ…

%e5%8f%8e%e7%a9%ab%e7%a5%ad%ef%bc%88%e6%ad%8c%e3%81%84%e8%b8%8a%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e9%a3%9f%e8%82%b2%e8%ac%9b%e7%be%a9%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e8%82%b2%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a8%98

201611/15

育ドル娘が歌・踊り披露 原の辻ガイダンス収穫祭

原の辻一支国王都復元公園「古代米づくり」の秋の収穫祭と原の辻ウォーク2016が5日、原の辻ガイダンスなどで行われた。 復元公園を散策する原…

ページ上部へ戻る