© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐支部が発足 牛削蹄師会

削蹄(設立総会に出席した会員) 長崎県牛削蹄師会壱岐支部設立総会が7月28日、JA壱岐市家畜市場会議室で行われ、白川裕幸さんを支部長、山川英二さんを副支部長、田中健大さんを事務局長とする役員選任、平成26年度活動計画案など5議案を承認し、11人の会員で発足した。
発起人である市家畜診療所の阿部紀次獣医師は「畜産業は増産・集約化が必然となり、完全放牧時代にはめったに見られなかった蹄角質病変が多発して、通常生活に必要な護蹄管理としての削蹄が重要視されるようになってきた。削蹄師として様々な知識の集積、伝授する教育のためにも、削蹄師会の必要性が高まってきた」と同会の設立趣旨を語った。
今後は九州地区牛削蹄競技会への参加、2級認定牛削蹄試験の受験、会員相互の連携などに取り組み、削蹄技術の発展に取り組んでいく。
設立総会後はセリ繋留場で、県牛削蹄師会・渡辺仁副会長らによる削蹄研修会が行われ、成牛やセリ市に入場予定の子牛の削蹄実演が行われた。またジンプロジャパン・中野創代表を講師に迎え「牛の暑熱対策」と題した講演会が実施され、暑熱ストレスによる消化・免疫機能の損傷などについて勉強した。

削蹄(削蹄講習を真剣に受講)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る