© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

「弟」 勝本中学校3年 中原 杏

弁論大会(中原杏さん) 私が二歳の時に弟が生まれました。その時は、自分に初めて兄弟ができてうれしかったです。しかし、二歳になってもしゃべらないし、歩けなかったので、不思議だなと思っていました。
そう弟は、障害をもっていたのです。生まれつき心臓が悪く、汗をかくことができない体質で、夏はエアコンの効いた部屋でのみ過ごしています。そのことを親に聞いた幼い頃の私は、理解ができませんでした。それと同時に、大きくなって幼稚園や学校に行けるのかなと、とても心配になりました。
三歳になるとやっと歩き始めました。その時は、歩けるようになってよかったと安心しました。
五歳になると幼稚園に通い始めました。私は、からかわれたり、いじめられたりしないかなととても心配でした。ちょうど私の通っていた小学校と弟が通っていた幼稚園は隣だったので、ある日の昼休み、様子を見に行ってみました。するとそこには友達と楽しそうに遊んでいる弟の姿がありました。そして、それは小学校に入学しても変わることはありませんでした。休み時間に弟の教室に遊びに行ったり、廊下で話しかけたりしている人を見ることがありました。弟は、いつもみんなの輪の中にいました。
また、毎年行われる港祭りや、運動会、学習発表会などの行事では、みんなと一緒に取り組んでいます。その姿を見ると「成長したな。」「すごく楽しそうだな。」と、とてもうれしい気持ちになります。
そんな弟も今年の春、六年生になりました。五月には、小学校最後の運動会が行われました。弟は、百メートル走、組み体操、綱引き応援合戦など、全ての種目に、生き生きと参加していました。その横には、温かいまなざしで、移動のたびに手を差し伸べてくれる同級生の姿がありました。そして、その姿を見守る地域の方々の温かなまなざしがありました。
「頑張れー。」
「あとちょっと。」
と応援してくださる方がたくさんいます。その声を聞くと弟は笑顔でゴールに向かって一生懸命走ります。
お弁当の時間に家族の元へ帰ってきた弟に私も
「速うなっち、かっこよかったたい。」
と声をかけると、うれしそうに笑っていました。
そして、学校行事の後には、見に来られていた地域の方が、
「足ん、はようなったね。」
「踊り、じょおいやったね。」
と、ほめてくださいます。弟の顔が益々輝きます。
こんな風に、弟は、家族や友達、地域の方々の温かいまなざしに包まれて、自分のペースで、一歩一歩成長しています。
そういえば、私自身もまわりの人の温かいまなざしに見守られて生きています。
「もう中学生たい。早かね。」
「ソフトん試合、惜しかったね。」
「どけいこい?」
明るい社会とは、「温かいまなざし」に包まれている社会だと思います。一人一人が、出会う全ての人に「温かいまなざし」で接していけば、明るく、温かな社会が実現できると思います。
「温かいまなざし」というバトンを次の人へ、また次の人へつないでいきませんか。「温かいまなざし」は、必ず自分に戻ってくるから。
(原文まま)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る