© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

国体を盛り上げよう 壱岐を元気にする会

カウントダウン(大声コンテストに行列)開幕まであと100日を切った長崎がんばらんば国体・がんばらんば大会を盛り上げようと、「壱岐を元気にする会」の久保田恒憲会長(63)が県国体実行委員会の募集した「応援事業」に2大会を登録、「おもてなし活動宣言」の輪を広げる活動に取り組んでいる。
「応援事業」は登録することによって、各種スポーツ大会などに「長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会応援事業」の呼称を使用し大会をPRすると同時に、「がんばくん賞」としてがんばくんぬいぐるみの賞品と賞状を授与することができる。久保田会長は5日に開催された「郷ノ浦町老人スポーツ大会」と、8月10日に開催予定の「全壱岐少年少女空手道大会」を同事業に登録した。
「おもてなし活動宣言」は登録証として配布される「がんばくん・らんばちゃんのおもてなしバッジ」を身につけて、会場の清掃活動や花いっぱい運動に取り組み、登録団体は「おもてなしのぼり」を掲げるもので、久保田会長の勧めで、壱岐では10団体以上が登録を行っている。
久保田会長は「国体の機運が盛り上がっていないと言われているが、実行委員会では様々な取り組みを行なっているので、まずは市民1人1人ができることから参加していくことが大切なのではないか。スポーツ大会、文化イベント、作品展など、がんばらんば国体・大会終了までに開催されるイベントの多くは応援事業に登録が可能だし、「おもてなし活動宣言」も団体が申請を出せばほぼ登録が認められる。のぼりを島内の至るところに立てましょう」と呼びかけている。

国体応援(国体盛り上げに取り組む久保田さん)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/12

女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子55回、女子38回)が4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍)の周回コース(男子6区間2…

201810/12

もしもの航路問題に備えて。

決して対岸の火事とは言えない出来事だった。上五島町の五島産業汽船が2日、全4航路で突然の運行停止となった問題だ。同社の負債総額は関連会社も含…

201810/12

イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成。再整備 も着手へ。

勝本町の壱岐イルカパークは7日、入園者100万人達成記念セレモニーを開いた。同園は平成7年4月1日にオープン。原則として年中無休で営業を続け…

201810/5

スペースシャトルの食事。一支国博物館で宇宙食フェア。

一支国博物館で9月24日、イベント「宇宙食を食べてみたい!宇宙食フェア」が開催された。 佐賀県武雄市の佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」…

201810/5

横文字多用は能力の欠如。

安倍晋三首相がトランプ米大統領と会談し、2国間によるTAG(物品貿易協定)の締結に向け新たな通商交渉に入ることで合意したというニュースがあっ…

ページ上部へ戻る