© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

【今月のピックアップ】壱岐味鶏を使用したメニューが充実。ぎゅうらし家


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
7月に3周年を迎える、ぎゅうらし家。今、壱岐味鶏を使用したタタキ(800円)が大人気です。
壱岐味鶏は「しまのたまご屋さん」で卵を産んでいる、現役バリバリの純国産鶏“もみじ”。この鶏に壱岐産の米ぬかやハーブ、にんにく、木酢酢、炭などをブレンドした餌を与え、肉質の良い健康な鶏だけを出荷しています。お肉は「脂が旨く、歯ごたえがあり、臭みもなくて、塩だけでも美味しい!」と良いことづくめ。壱岐味鶏を使ったメニューは他にも肝刺し(700円)やユッケ(700円)、鶏のお茶漬け(400円)など、充実の品揃えです。
また、醤油ベースのスープで味が染み込むまで煮込み、天ぷらに仕上げた一品、「手羽先の天ぷら」(4本600円)もお勧め!食べやすいように骨も抜く心遣いが嬉しいですね。
マリンパル壱岐の惣菜コーナーでは、唐揚げ弁当や南蛮弁当、トンカツ弁当に手羽先など、4月から販売を始めました。ますます、ぎゅうらし家から目が離せませんよ!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る