© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

【今月のピックアップ】壱岐味鶏を使用したメニューが充実。ぎゅうらし家


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
7月に3周年を迎える、ぎゅうらし家。今、壱岐味鶏を使用したタタキ(800円)が大人気です。
壱岐味鶏は「しまのたまご屋さん」で卵を産んでいる、現役バリバリの純国産鶏“もみじ”。この鶏に壱岐産の米ぬかやハーブ、にんにく、木酢酢、炭などをブレンドした餌を与え、肉質の良い健康な鶏だけを出荷しています。お肉は「脂が旨く、歯ごたえがあり、臭みもなくて、塩だけでも美味しい!」と良いことづくめ。壱岐味鶏を使ったメニューは他にも肝刺し(700円)やユッケ(700円)、鶏のお茶漬け(400円)など、充実の品揃えです。
また、醤油ベースのスープで味が染み込むまで煮込み、天ぷらに仕上げた一品、「手羽先の天ぷら」(4本600円)もお勧め!食べやすいように骨も抜く心遣いが嬉しいですね。
マリンパル壱岐の惣菜コーナーでは、唐揚げ弁当や南蛮弁当、トンカツ弁当に手羽先など、4月から販売を始めました。ますます、ぎゅうらし家から目が離せませんよ!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る