© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐市【フリースポット設置店】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA●壱岐市政策企画課の柴山琢磨さんに市で導入しているフリースポットの現状をお伺いしました。

―市がフリースポットを導入している経緯を教えてください。
昨年6月市議会で「市の公共施設でもフリースポットを設置できないか」というご要望がありましたので、それを受けて市でも設置を始めました。現在25箇所の設置を完了しています。
背景としては壱岐市ケーブルテレビの光インターネットサービスにより、快適に無線インターネットを利用できる環境が整ったのも一因です。

―設置した場所をいくつかご紹介ください。
観光客や市民の皆さまが使える場所ということで郷ノ浦港や芦辺港、市役所各庁舎、イルカパークや猿岩物産館などに設置しています。

―これからもフリースポットを増やしていく予定ですか?
11月にも石田スポーツセンターなど8か所を増やしています。今後の予定としては、国体会場となる芦辺ふれあい広場、壱岐の窓口としてフリースポットをPRできる福岡事務所への設置などを考えています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る