© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐市【フリースポット設置店】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA●壱岐市政策企画課の柴山琢磨さんに市で導入しているフリースポットの現状をお伺いしました。

―市がフリースポットを導入している経緯を教えてください。
昨年6月市議会で「市の公共施設でもフリースポットを設置できないか」というご要望がありましたので、それを受けて市でも設置を始めました。現在25箇所の設置を完了しています。
背景としては壱岐市ケーブルテレビの光インターネットサービスにより、快適に無線インターネットを利用できる環境が整ったのも一因です。

―設置した場所をいくつかご紹介ください。
観光客や市民の皆さまが使える場所ということで郷ノ浦港や芦辺港、市役所各庁舎、イルカパークや猿岩物産館などに設置しています。

―これからもフリースポットを増やしていく予定ですか?
11月にも石田スポーツセンターなど8か所を増やしています。今後の予定としては、国体会場となる芦辺ふれあい広場、壱岐の窓口としてフリースポットをPRできる福岡事務所への設置などを考えています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る