© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐市【フリースポット設置店】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA●壱岐市政策企画課の柴山琢磨さんに市で導入しているフリースポットの現状をお伺いしました。

―市がフリースポットを導入している経緯を教えてください。
昨年6月市議会で「市の公共施設でもフリースポットを設置できないか」というご要望がありましたので、それを受けて市でも設置を始めました。現在25箇所の設置を完了しています。
背景としては壱岐市ケーブルテレビの光インターネットサービスにより、快適に無線インターネットを利用できる環境が整ったのも一因です。

―設置した場所をいくつかご紹介ください。
観光客や市民の皆さまが使える場所ということで郷ノ浦港や芦辺港、市役所各庁舎、イルカパークや猿岩物産館などに設置しています。

―これからもフリースポットを増やしていく予定ですか?
11月にも石田スポーツセンターなど8か所を増やしています。今後の予定としては、国体会場となる芦辺ふれあい広場、壱岐の窓口としてフリースポットをPRできる福岡事務所への設置などを考えています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る