© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

8~10月は値上げなし 九州郵船燃油調整金

航路対策協議会 壱岐市航路対策協議会(白川博一会長)が20日、壱岐文化ホールで行われ、九州郵船から8~10月の燃料油価格変動調整金(バンカーサーチャージ)が、5~7月と同じ第6ゾーンに設定することが提案され、承認した。
8~10月調整金の基準となる4月の平均原油価格は1㌔㍑7万489円で、6万95745円~7万4573円の第6ゾーンに入った。博多~壱岐間片道の調整金はフェリー660円、ジェットフォイル1080円で、現在と同金額となる。
2月の平均原油価格は7万4600円だったため、本来であれば5~7月は「第7ゾーン」の適用だったが、九州郵船は4月からの調整金値上げ、消費増税を考慮して、第6ゾーンを適用していた。
九州郵船の竹永健二郎社長は「イラク情勢などによって、今後の原油価格が予想できない。11月以降はさらに負担をお願いする可能性もある」と今後の見通しを語った。
また、毎年7月に提出している九州運輸局海事振興部への「『指定区間」及び『サービス基準』の見直し等に関する意見照会」の要望は、壱岐下県区間についてはこれまで通り「現行の指定区間では、壱岐博多間利用者にとって運賃が高負担となっているため、指定区間の一体的指定を見直し『壱岐下県』を『壱岐博多』『下県博多」に切り離していただきたい」とすることを決定。
壱岐呼子区間については「九州郵船のコスト削減のため、運行回数1日5回を4回に減便していただきたい」と初めて要望することを検討。この日欠席した委員の了解を得て、要望を提出する。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る