© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

8~10月は値上げなし 九州郵船燃油調整金

航路対策協議会 壱岐市航路対策協議会(白川博一会長)が20日、壱岐文化ホールで行われ、九州郵船から8~10月の燃料油価格変動調整金(バンカーサーチャージ)が、5~7月と同じ第6ゾーンに設定することが提案され、承認した。
8~10月調整金の基準となる4月の平均原油価格は1㌔㍑7万489円で、6万95745円~7万4573円の第6ゾーンに入った。博多~壱岐間片道の調整金はフェリー660円、ジェットフォイル1080円で、現在と同金額となる。
2月の平均原油価格は7万4600円だったため、本来であれば5~7月は「第7ゾーン」の適用だったが、九州郵船は4月からの調整金値上げ、消費増税を考慮して、第6ゾーンを適用していた。
九州郵船の竹永健二郎社長は「イラク情勢などによって、今後の原油価格が予想できない。11月以降はさらに負担をお願いする可能性もある」と今後の見通しを語った。
また、毎年7月に提出している九州運輸局海事振興部への「『指定区間」及び『サービス基準』の見直し等に関する意見照会」の要望は、壱岐下県区間についてはこれまで通り「現行の指定区間では、壱岐博多間利用者にとって運賃が高負担となっているため、指定区間の一体的指定を見直し『壱岐下県』を『壱岐博多』『下県博多」に切り離していただきたい」とすることを決定。
壱岐呼子区間については「九州郵船のコスト削減のため、運行回数1日5回を4回に減便していただきたい」と初めて要望することを検討。この日欠席した委員の了解を得て、要望を提出する。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る