© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

原島診療所が開所 2次離島の無医地区解消 光武新人医師が 毎週木曜診察

原島診療所(さっそく、診察を受けた島民) 郷ノ浦町の原島に5日、壱岐市原島診療所がオープンした。市が開設し、玄州会光武内科循環器科病院(光武新人理事長)が指定管理者として運営。毎週木曜日の午後、診察を行う。原島にはこれまで医療機関がなく、住民はフェリーなどで本島の医療施設、大島の診療所に通院していた。同診療所の開設により、市の2次離島無医地区は解消された。
原島診療所は三島小学校原島分校に隣接する、児童数の減少で使用しなくなった教員住宅(木造1階建、床面積52・50平方㍍)を改装して開所。診察・処置室、待合室、職員控え室が設置された。
光武新人(あらひと)医師(67)は2012年1月に開設した三島診療所(大島)で週1回、毎週木曜午前中に診察を行っていたが、6月からは大島での診療後、フェリー定期船で原島に渡り、午後2時から4時までの2時間、同診療所で診察を行う。診療科目は内科、循環器内科で、看護師1人、事務職員1人を帯同する。
光武医師は「三島診療所ができて2年半。長島とは橋が架かっているので両島は一応、無医地区を解消できたが、原島では診察ができずに、歯がゆい思いをしていた。2週間に1度は原島を訪れて往診で対応していたが、やはり診療所があるか、ないかでは、住民の意識に大きな違いがある。木曜日の午後、2時間だけの診療所だが、それでもその時間に島に医師がいるということは、住民にとって安心につながるのではないかと思っています」と悲願だった原島診療所の開設に感慨深い表情を浮かべた。
原島には4月末現在、37世帯109人が暮らしており、高齢化率は34・86%。高齢者が本島へ診察に出かけることは、体力的にも、経済的にも辛く、住民は診療所開設を市に要望していた。大島在住のの久間進市議は「光武先生の尽力もあり、昨年12月市議会での条例案可決から、とんとん拍子で開設にこぎ着けることができた。まだ第一歩ではあるが、少しでも医療格差が解消できることは喜ばしい。この診療所で特定検診を行い、住民の不安を解消していきたい」と話した。
診察初日となったこの日、開所式が終わるのを待っていたかのように、2人の主婦が血圧測定と健康相談に診療所を訪れ「週に1日でも先生が近くにいてくださることは、本当にありがたい」と開所を喜んだ。光武医師は、診察の2時間の間に、寝たきり患者3人のための往診も行う。同医師は「医者として働くことができる限り、三島地区での診察は続けていくし、幸い、長男も加勢してくれるということなので、安心してください」と住民に説明した。
開所式で町田正一市議会議長は「同じ国民健康保険料を支払っているのに、これまで医療機関のない地区があったということは行政、議会の怠慢と言われても仕方がないことだった。この診療所が住民の心の支えの一助になることを願っているし、今後も医療格差の解消に全力で努力していく」と誓った。

原島診療所(週に1度来所する光武医師)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/21

島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。

重家酒造(横山雄三社長)が有人国境離島法の雇用機会拡充事業を活用して石田町池田西触に建設した日本酒蔵「横山蔵」で14日、今年度の日本酒仕込み…

20189/21

どうなる壱岐空港滑走路。

壱岐市にとって近未来的な最大の問題は空路存続だ。ORCの後継機Q400型を支障なく運用するためには1500㍍滑走路が必要で、国、県に滑走路延…

20189/21

郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般質問

市議会定例会9月会議の一般質問が12、13日の2日間行われ、8議員が登壇した。鵜瀬和博議員は「図書館機能の充実について」のテーマで質問。老朽…

20189/14

「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式

市教育委員会が本年度から始めた小中学生向け離島留学制度「いきっこ留学生」を利用し、市内の小中学校に2学期から留学した児童・生徒5人の入市式が…

20189/14

被災者の言葉に感動。

6日早朝に北海道を襲った最大震度7の大地震は、道内に大きな被害をもたらした。地震そのものによる被害も40人以上の死者が出るなど大きなものとな…

ページ上部へ戻る