© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20146/6

金メダル11個獲得 障害者スポーツ大会

障害者スポーツ(がんぱろう三唱で健闘を誓った選手団)第14回全国障害者スポーツ大会(長崎がんばらんば大会)リハーサル大会が5月24~25日に県立総合運動公園陸上競技場を主会場に行われた。
壱岐市からは選手43人(立幅跳4、スラローム1、ソフトボール投5、百㍍走5、二百㍍走1、フライングディスク15、卓球1、ユニカール4、ボウリング5)と役員・補助者9人の計50人の選手団が参加。昨年4月に開設された県虹の原特別支援学校壱岐文教室高等部から初めて、2人の選手が出場した。
24日に印通寺港フェリー発着所で行われた選手団壮行式では、目良初男団長が「今年は長崎がんばらんば大会のリハーサル大会を兼ねる意義深さがあり、ぜひ本番への出場を目指して、練習の成果を発揮してきます」と高らかに宣言。山本啓介県議の発声で「がんばろう三唱」が行われ、気合を込めて大会に出発した。
大会は壱岐勢のメダルラッシュ。陸上二百㍍で山下輝正が57秒14で優勝したのをはじめ、昨年の10個を上回る金メダル11個。銀メダルは6個、銅メダルは6個を獲得した。
【金メダル獲得者】
▽二百㍍ 山下輝正57秒14▽スラローム 松山桂子2分3秒5▽ソフトボール投 豊永登志枝13㍍58、豊永秀子30㍍40▽立幅跳 末永廣光1㍍69、西村智佳子1㍍25▽卓球 松永保志2勝▽ボウリング 江口慎哉176▽フライングディスク・アキュラシー 浦川勝世6投、村川叶江6投▽同ディスタンス 原田政継31㍍07

障害者スポーツ(仲間から贈られた横断幕を掲げる虹の原高等部の2選手)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20205/25

プレミアムチケット完売。6月1日から第2回発売。

壱岐市の緊急経済対策第1、2弾が着々と進行している。 5千円で8千円分の飲食に利用できるプレミアム商品券第1回は、7日から5千セット(総額…

20205/25

県中総体も中止が決定。市大会は開催の方針。

県中学校体育連盟は18日、7月26~28日に予定していた県中学総合体育大会を中止することを決定した。 大会には例年、県内各地から3千人…

20205/25

幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。

初夏の壱岐の風物詩となっているホタルの乱舞が5月初旬から始まり、すでにピークを迎えつつある。 長崎地方気象台によると今年のホタル初見は…

20205/25

郷ノ浦祇園山笠が中止。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年の郷ノ浦祇園山笠は中止となった。終日中止となったのは大雨災害が発生した2009年以来11年ぶり。…

ページ上部へ戻る