© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20146/6

金メダル11個獲得 障害者スポーツ大会

障害者スポーツ(がんぱろう三唱で健闘を誓った選手団)第14回全国障害者スポーツ大会(長崎がんばらんば大会)リハーサル大会が5月24~25日に県立総合運動公園陸上競技場を主会場に行われた。
壱岐市からは選手43人(立幅跳4、スラローム1、ソフトボール投5、百㍍走5、二百㍍走1、フライングディスク15、卓球1、ユニカール4、ボウリング5)と役員・補助者9人の計50人の選手団が参加。昨年4月に開設された県虹の原特別支援学校壱岐文教室高等部から初めて、2人の選手が出場した。
24日に印通寺港フェリー発着所で行われた選手団壮行式では、目良初男団長が「今年は長崎がんばらんば大会のリハーサル大会を兼ねる意義深さがあり、ぜひ本番への出場を目指して、練習の成果を発揮してきます」と高らかに宣言。山本啓介県議の発声で「がんばろう三唱」が行われ、気合を込めて大会に出発した。
大会は壱岐勢のメダルラッシュ。陸上二百㍍で山下輝正が57秒14で優勝したのをはじめ、昨年の10個を上回る金メダル11個。銀メダルは6個、銅メダルは6個を獲得した。
【金メダル獲得者】
▽二百㍍ 山下輝正57秒14▽スラローム 松山桂子2分3秒5▽ソフトボール投 豊永登志枝13㍍58、豊永秀子30㍍40▽立幅跳 末永廣光1㍍69、西村智佳子1㍍25▽卓球 松永保志2勝▽ボウリング 江口慎哉176▽フライングディスク・アキュラシー 浦川勝世6投、村川叶江6投▽同ディスタンス 原田政継31㍍07

障害者スポーツ(仲間から贈られた横断幕を掲げる虹の原高等部の2選手)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る