© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

お宝地蔵を 商店街の活性化に

お宝地蔵ワークショップ(宝当神社の成功例を語る野崎さん)郷ノ浦・新道商工振興会(高尾幸英会長)は9日、壱岐お宝ネットワーク拠点プロジェクト「お宝地蔵PR事業ワークショップ(以下:勉強会)」を新道公民館で開催した。
勉強会では宝当神社(唐津市高島)で有名な宝くじ・グッズ販売「宝当乃館」の野崎隆文さんが講演。人口わずか300人の高島に「どうやって20万人を集客したのか」を年代別に詳しく紹介した。
また「当たりソーダ」や「折角来宝(せっかく来たから)」など、ブランド名に駄洒落を使ったユニークなお宝グッズが紹介され、来場者から笑いが漏れた。
野崎さんは「『あ~したい、こうしたい』は誰でも言えます。良いと思ったら、まず作ってみる。そして駄洒落を使うなど、面白おかしくお宝グッズを作り、来島者に笑ってもらえるように工夫しています」とし、「自分も楽しむことが大事」と語った。
同事業はお宝地蔵として知られている郷ノ浦町の「伊藤小左衛門地蔵」を観光まちづくりに生かそうと、地域商店街活性化事業の補助金を利用し企画され、今後はお宝地蔵祭りや壱岐のスピリチュアルツアーの企画、空き店舗を利用した観光案内所などの設置実験も予定されている。
▼伊藤小左衛門地蔵
江戸時代の初めに活躍した黒田藩の御用商人、伊藤小左衛門が福岡から壱岐市郷ノ浦町に運んだとされる地蔵。禁制品を密貿易した小左衛門は長崎奉行の厳しい追求により、はりつけの刑となるが、その密貿易で得た財宝を壱岐に隠して埋めたという伝説があり、別名「お宝地蔵」と呼ばれている。

▼宝当神社
佐賀県唐津市の唐津城から北西約2㌔の唐津湾に浮かぶ高島にある神社。20年程前、神社の名にあやかり、当選を祈願したところ、100万円の当選が出たことから「宝当神社に祈願すれば宝くじが当たる」という評判が立つようになった。その当時、来島者数は年間20万人を超え、現在でも年間6~7万人が訪れる人気の観光スポットとなっている。

お宝地蔵ワークショップ(観光まちづくりの事例を紹介)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る