© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

華やかに七夕飾り   一支国博物館

七夕飾り(一支国博物館は七夕ムード満点となった)

一支国博物館では7日まで、入口横のスペースに七夕飾りを設置、また館内の案内を行う女性アテンダント7人全員が5日からの3日間限定で浴衣姿に衣替えして、七夕ムードを盛り上げた。
短冊には来場者らが願い事をしたためたが、「家内安全」「健康祈願」などに混じって「ロト6当たりますように」「早くお嫁さんが欲しい」などの書き込みも。短冊は8日、芦辺町の住吉神社で奉納祈願された。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20205/25

プレミアムチケット完売。6月1日から第2回発売。

壱岐市の緊急経済対策第1、2弾が着々と進行している。 5千円で8千円分の飲食に利用できるプレミアム商品券第1回は、7日から5千セット(総額…

20205/25

県中総体も中止が決定。市大会は開催の方針。

県中学校体育連盟は18日、7月26~28日に予定していた県中学総合体育大会を中止することを決定した。 大会には例年、県内各地から3千人…

20205/25

幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。

初夏の壱岐の風物詩となっているホタルの乱舞が5月初旬から始まり、すでにピークを迎えつつある。 長崎地方気象台によると今年のホタル初見は…

20205/18

小・中学校が7日再開。田河小で1年生歓迎集会。4月21日以来の登校。

新型コロナウイルス感染症拡大防止策のため臨時休校していた市内の小・中学校が、7日から再開した。当初は4月6~15日の臨時休校だったが、16日…

ページ上部へ戻る